top of page

プロジェクトの成功と失敗の比較分析


クラウドファンディングにチャレンジする前の「心構え」

クラウドファンディングの世界では、過去の成功と失敗から学ぶことが重要です。


この記事では、プロジェクトの成功と失敗を比較分析し、それぞれから得られる重要な教訓を明らかにします。


プロジェクトの計画から実行までの過程で考慮すべき要点を、実際の事例を交えて解説します。


一つ一つのポイントを確認し、あなたのプロジェクト計画に取り入れましょう。



1. クラウドファンディング成功の秘密


今回はこちら、


「感性、豊かに!発想、閃く!子どもの創造力を育む『天才かるた』制作プロジェクト」は、子どもの創造力を育むためのカルタを制作するプロジェクト


「感性、豊かに!発想、閃く!子どもの創造力を育む『天才かるた』制作プロジェクト」は、子どもの創造力を育むためのカルタを制作するプロジェクト

参考URLはこちら →  https://camp-fire.jp/projects/view/547332

 

を成功事例として分析していきます。

 

このプロジェクトは、以下の要因により成功したと分析しました。


目標:


目標金額2,000,000円は達成可能で現実的でした。


※X(旧Twitter)とInstagramの総フォロワー数が1万人以上いること、YouTubeなど発信できるツールを多く活用している部分から試算を出しました。

計画:


子どもの創造力を育む遊びとしてのカルタの利用を具体的に計画しています。

コミュニケーション:


プロジェクトページでは、教育専門家や地元の芸人による推薦文を掲載し、SNSを駆使し、支援者とのコミュニケーションを強化しました。

マーケティング戦略:


地域文化との連携を強調し、地域コミュニティ(ゴミ拾いなど)とのつながりを活かして宣伝しました。

他にも地元ラジオ・新聞社に取り上げられることで認知を拡大していきました。

リターンの魅力:


プロジェクトは、特製の『天才かるた』をはじめ、サイン入りのかるたやワークショップのファシリテートなど、魅力的なリターンを提供しました。

これらの要素が組み合わさり、最終的に目標額を上回る資金を集めることに成功しました。



2. クラウドファンディング失敗の教訓


|クラウドファンディングの「支援集め」が失敗する主な原因を5つに分けて説明します。

これらのポイントは、この先プロジェクトを計画している方々が避けるべき典型的な落とし穴です。


1.非現実的な資金調達目標の設定


達成不可能な目標を設定すると、支援者が支援をためらう原因となります。目標は現実的で、プロジェクトのニーズに合わせたものであるべきです。 


2.不十分なプロジェクト説明と計画の不明瞭さ


プロジェクトの目的、計画、および期待される成果が不明確な場合、支援者はそのプロジェクトに自信を持って支援することを躊躇します。 


3.効果的なPRと広報の不足


プロジェクトを適切に宣伝しないと、潜在的な支援者に届かず、必要な関心や支援を集めることができません。特にSNSやその他のオンラインプラットフォームを活用することが重要です。 


4.リターンの魅力不足


提供されるリターンが魅力的でない、またはターゲットに適していない場合、人々を惹きつけることができず、支援を促進することが難しくなります。

 

5.継続的なコミュニケーションの欠如


プロジェクトを通じて支援者との定期的なコミュニケーションを保たないと、信頼性が損なわれ、支援者の関心を維持することが困難になります。進捗の更新、質問への迅速な回答、フィードバックへの対応が不可欠です。 


これらのポイントは、クラウドファンディングの失敗につながる主な要因です。


この5つを避け、反対のアプローチを取ることで、成功する可能性が高まります。



3. 具体的な事例


|過去に「あまり支援が集まらなかった」プロジェクトの例を記述します。上記で述べた失敗の要因がよくわかると思います。

※プロジェクトを特定する呼称などは架空のものに修正させて頂きます。

目標金額


プロジェクトは、開発に必要な実際のコストを適切に計算せず、初期段階で1000万円という金額を目指しました。

この高額な目標は、多くの潜在的支援者を威圧し、支援を得られませんでした。

 

説明の不十分さ


「Eco」を売りにしたこのガジェットは、製品の特徴や環境への具体的な利益を明確に説明することに失敗しました。

プロジェクトページは情報が不足しており、支援者は製品の実際のメリットを理解できませんでした。

不十分なマーケティング戦略


プロジェクト責任者はSNSやオンライン広告を十分に活用しなかったため、広範な見込み支援者にリーチすることができませんでした。

リターンの魅力不足


提供されたリターンは、製品の割引のみに限られており、支援者にとって十分な魅力を持たないものでした。

コミュニケーションの欠如


プロジェクト責任者は、支援者からの質問に迅速に対応せず、進捗の更新も不定期であったため、信頼性を損ない、支援者の関心を維持することができませんでした。

これらのプロジェクトは、クラウドファンディングで避けるべき典型的な失敗をしてしまいました。


実際のプロジェクトでこれらのポイントを適切に管理することが、成功への鍵となります。



4. 成功と失敗から学ぶ戦略


クラウドファンディングでは、過去の成功例と失敗例から学ぶことが非常に重要です。


そうした事例の分析を通じて得られた教訓を踏まえ、あなたのプロジェクトに直接適用できる「戦略とアドバイス」を自分なりに見つけてください。


成功したプロジェクトは、

・明確な目標設定

・説得力のあるストーリーテリング

そして

・支援者との強い関係構築

に焦点を当てています。

 

これらの要素は、支援者を引き付け、プロジェクトに対する信頼と興味を深めるために不可欠です。


プロジェクトの背景や創設者の情熱を共有することで、支援者の共感を呼びます

一方、失敗したプロジェクトからの教訓も重要です。


前途した、


・目標が高すぎる

・計画が不透明

・コミュニケーション不足

・マーケティング戦略の欠如

そして

・リターンの魅力不足


は、いずれも避けるべき落とし穴です。


これらの失敗を回避するためには、


・リアルな目標の設定

・透明性のある計画

・定期的なアップデートと応答

・効果的なプロモーション

・そして

・魅力的なリターンの提供


が必要です。

最終的に、あなたのクラウドファンディング戦略は、これらの教訓をバランス良く組み合わせることで形成されるべきです。


プロジェクトの独自性を保ちながら、過去の成功の要因を取り入れ、失敗の原因を避けることが、あなたのキャンペーンを成功に導く鍵です。


あなたのアイデアが実現に向けて確かな一歩を踏み出すための具体的な計画を立てましょう。



具体的な計画でお悩みの方は…

 

悩む前にまず相談‼︎

\ クラウドファンディングで資金調達 /

さぁ、一歩を踏み出そう




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page