top of page

成功への近道!プラットフォームの特徴を知ること


成功への近道!プラットフォームの特徴を知ること

クラウドファンディングに挑戦しようと考えている方々にとって、適切なプラットフォームを選ぶことは成功への重要なステップです。


しかし、数多くのプラットフォームが存在する中で、どのプラットフォームが自分のプロジェクトに最適なのかを判断するのは難しいかもしれません。


本記事では、主要なクラウドファンディングプラットフォームの特徴を比較し、成功例と失敗例から学ぶことで、あなたのプロジェクトに最適なプラットフォームを見つける方法をお伝えします。



1. プラットフォームの選択基準


クラウドファンディングの成功は、適切なプラットフォーム選びに大きく依存します。

日本国内には様々なクラウドファンディングプラットフォームが存在し、それぞれに特徴と利点があります。


CAMPFIRE


 国内最大規模のクラウドファンディングサイトで、多様なプロジェクトが集まるため幅広いターゲット層にリーチできます。


Makuake


新商品や技術系プロジェクトに強く、メディア露出が高いためプロモーション効果が期待できます。


Readyfor


社会貢献やNPO向けのプロジェクトに特化しており、共感を呼ぶプロジェクトが多いのが特徴です。


プラットフォーム選びの際には、


  • プロジェクトの目標

  • ターゲットオーディエンス

  • プラットフォームの強み


を考慮しましょう。


例えば、新商品を市場に投入する場合はMakuakeが適しているかもしれません。


一方、地域密着型のコミュニティプロジェクトであれば、CAMPFIREやReadyforが効果的です。


プラットフォームの選び方のまとめ

  • プロジェクトの特性を理解する


まず、あなたのプロジェクトがどのカテゴリーに属するのかを明確にしましょう。

技術系、社会貢献、芸術など。


  • 目標金額を設定する


プラットフォームによって支援者層や平均的な資金調達額が異なるため、目標金額に合ったプラットフォームを選びます。


  • ターゲットオーディエンスを特定する


プラットフォームのユーザー層があなたのターゲットオーディエンスと一致しているかを確認します。


  • 成功事例を調査する


各プラットフォームで過去に成功したプロジェクトを調べ、それらのプロジェクトがどのように成功したのかを分析します。


  • 手数料とサービスを比較する


プラットフォームごとに異なる手数料や提供されるサービスを比較し、コストパフォーマンスの良いものを選びます。


このように、各プラットフォームの特徴と利点を理解し、自分のプロジェクトに最適なプラットフォームを選ぶことで、クラウドファンディングの成功率を高めることができます。



2. 成功したプロジェクトの事例


クラウドファンディングで成功したプロジェクトは、以下の要素を巧みに組み合わせています。


  • 目標設定

  • 計画

  • コミュニケーション

  • マーケティング戦略

  • リターン


以下に、日本国内の主要なプラットフォームで成功した具体例を紹介します。


①Makuakeの成功例:「きのこの山」ワイヤレスイヤホンプロジェクト


このプロジェクトは、ユニークなデザインと高品質の音質を兼ね備えた「きのこの山」型ワイヤレスイヤホンを開発し、Makuakeで資金を募りました。


目標設定1,000,000円を設定。

支援金額98,399,600円を達成。


  • 計画:製品のデザインと機能性を詳しく説明し、シリアルナンバーや限定数で希少価値をアピール。

  • コミュニケーション:ユーザーやお客様の声から商品化。

  • マーケティング戦略:「 ありそうでなかった雑貨」として ソーシャルメディアでの広報活動と、ネット記事からの流入。

  • リターン:支援額に応じて、特製の「きのこの山」ワイヤレスイヤホンや限定アクセサリーを提供。


②CAMPFIREの成功例:ふるさとの大好きなお店を救いたい!「やっぱり好きんが長岡」未来応援プロジェクト


このプロジェクトは、長岡の地元飲食店などを支援するために立ち上げられました。


目標設定:目標金額を5,000,000円に設定し、地元経済の活性化を目指しました。

支援金額136,723,027円を達成。


  • 計画:地元飲食店の紹介と支援内容を詳細に説明し、支援がどのように使われるかを明確にしました。

  • コミュニケーション マーケティング戦略:地元メディアを活用して広く情報を発信しました。

  • リターン:支援者には、地元特産品や飲食店で使えるクーポン、限定イベントへの招待などを提供しました。


③Readyforの成功例:国立科学博物館の保存プロジェクト


このプロジェクトは、国立科学博物館が行う貴重な標本の保存・修復作業を支援するために資金を募りました。


目標設定:目標金額を100,000,000円に設定し、保存作業の重要性を強調。

支援金額916,025,000円を達成。


  • 計画:保存対象の標本や修復プロセスを詳細に説明し、透明性を確保。

  • コミュニケーション:プロジェクトページを頻繁に更新し、進捗状況や修復の様子を共有。

  • マーケティング戦略:メディアと連携し、保存プロジェクトの意義を広く周知。

  • リターン:支援者には、修復された標本の展示会招待や科学博物館の特別ガイドツアーを提供。目標金額が大きいためリターンを幅広く準備。


これらの成功事例から学べることは、各プラットフォームの特性を活かし、プロジェクトの目標や内容に合わせた戦略を立てることが重要であるということです。


具体的な事例を参考にすることで、自分のプロジェクトにも効果的な手法を取り入れることができます。



3. プラットフォーム利用時の注意点


クラウドファンディングのプラットフォームを利用する際には、いくつかの重要な注意点とリスクを把握しておくことが成功の鍵となります。


手数料


各プラットフォームはサービス利用料を設定しています。

例えば、CAMPFIREやMakuakeでは、資金調達成功時に約20%の手数料が発生します。


これはプラットフォーム運営費や決済手数料を含むため、予算計画に組み込む必要があります。


手数料が高い場合、目標金額の設定を慎重に行うことが求められます。


規約


各プラットフォームには独自の利用規約が存在します。


プロジェクトの内容やリターンの設定、資金の使用目的などが規約に反する場合、プロジェクトが削除または、掲載不可とされる可能性があります。


プラットフォーム側も法令遵守で運営されているため、規約以外の「法律」も意識しながらプロジェクトを運用しましょう。


ターゲットオーディエンスとの相性


プラットフォームごとに異なるユーザー層が存在します。


CAMPFIREは多様なプロジェクトが集まるため、広範なオーディエンスにリーチできます。


一方、Makuakeは技術系や新商品に関心の高いユーザーが多く、具体的な製品を提供するプロジェクトに適しています。


自分のプロジェクトがターゲットとするオーディエンスとプラットフォームの利用者層が一致するかを確認しましょう。


サポート体制


プラットフォームのサポート体制も重要です。


CAMPFIREやReadyforは、プロジェクト開始前から終了後までのサポートが充実しており、初心者にも優しい設計になっています。


そして、3社ともにパートナー制度を設けており、貴方の「身近な相談相手」を用意するためにチカラを入れています。


※ちなみにこのサイトを運営している、弊社は各社の公式パートナーです。


このように身近にパートナーなどを用意したり、サポートが手厚いプラットフォームを選ぶことで、プロジェクト運営に関する不安を軽減しています。


プロモーション支援


プラットフォームが提供するプロモーション支援もチェックしましょう。


3社ともにメディアとの提携やSNSプロモーションを強化しており、プロジェクトの露出を高める手助けをしてくれます。


これにより、初期の支援者を獲得しやすくなります。

※別途費用がかかる場合があります。


これらの注意点を踏まえて、プラットフォームを賢く選び、効果的なクラウドファンディングを展開しましょう。



プラットフォーム選びでお悩みの際は…

 

悩む前にまず相談‼︎

\ クラウドファンディングで資金調達 /

さぁ、一歩を踏み出そう




Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page